ロリータ対コスプレ

©Nikkey Shimbun

 日本発の『かわいい』ファッションの若者が集まるミミパーティーが週末に開催された。工夫を凝らした『かわいさ』を身にまとった来場者がたくさんいた。
 ロリータ服を着た人が多いのではとの先入観を持って会場に入ったが、コスプレイヤーも半数程度。漠然と、両方とも同じような「なりきる」服装と認識していたが、出店していた女性の話によると線引きがあるよう。
 彼女によれば「ロリータ服愛用者は『乙女である』という強い信念を持つ人が多い。彼女らはロリータ服とコスプレをどっちも楽しむ人を敵視しやすい。お互いに偏見を持ちやすく、一緒の場にいることは少ない」との意外な現実があるらしい。
 そんな話の後に「ここは平和な空間」と言われ、納得。傍目には同じように見えても、実はジャンルの垣根を越えて楽しめる場は「異文化交流」の機会でもある。平和に「かわいい」を楽しむこのイベントに、もっと注目が集まって欲しい。(雪)