【高校野球】横浜が逃げ切り優勝 3年連続18度目で夏の甲子園 万波が先制打&特大2ラン

©株式会社Creative2

横浜が3年連続18度目で夏の甲子園出場!

9回裏に鎌倉学園が4点差まで追い上げる

 第100回全国高校野球選手権記念大会は28日、南神奈川大会で決勝を行い、横浜高校が7-3で鎌倉学園に圧勝し、3年連続18度目の夏の甲子園出場を決めた。

 序盤から横浜が投打で圧倒した。初回に1死一、二塁から4番・万波がセンターへフェンス直撃二塁打を放ち、2点先制に成功する。さらに、3回には万波の左翼特大2ランなどで3点を追加。5回には遠藤のタイムリー、8回には山崎の左翼ソロで1点ずつを加えた。

 投げてはエース板川、黒須、板川とつなぎ、8回まで無失点に抑えたが、9回に板川が2連打で1点を失うと、続いて登板した万波が四球と二塁打などで2失点。4点差まで追い上げられたが、2年生の及川が反撃の芽を摘み、逃げ切って優勝を飾った。(Full-Count編集部)