五輪に向けドーピング検査員養成

本番さながらに講習会

©一般社団法人共同通信社

ドーピング検査員の養成を目的とした講習会で、模擬検査に臨む受講者=29日、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けたドーピング検査員の養成を目的に、陸上と重量挙げの国際大会を想定した模擬検査の講習会が29日、東京都内で開かれた。会場が競技場という設定で、検体採取を行うドーピング検査室のブースを設け、外国人を含む選手役のスタッフも用意した。66人の受講者は本番さながらの環境で、緊張感を漂わせながら訓練に臨んだ。

 東京大会では短期間に大量の検査を実施するため、検査員の不足が課題となり、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が国の支援を得て募集、養成に着手した。

 JADAは新たに百数十人を検査員として認定し、計450人程度確保する。