ボヌッチ移籍騒動でユーべ新戦力にプレッシャー?アッレグリ監督は擁護

現地時間28日のインターナショナル・チャンピオンズ・カップ、ベンフィカ戦でミスを犯したユベントスのマッティア・カルダラをマッシミリアーノ・アッレグリ監督が擁護した。28日、『フットボール・イタリア』が報じている。

90分を1-1で終え、PK戦では4人全員がキックを成功させ4-2の勝利を手にしたユベントス。ベンフィカに許した先制点は、今季から加入したマッティア・カルダラの判断ミスが関わったものだった。

これに対しては1年前にミランに移籍したばかりのレオナルド・ボヌッチがクラブに復帰するとの噂に、同選手が動揺しているのではないかとの声が上がっている。

しかしアッレグリ監督は試合後「彼は落ち着きと精神的な強さを見せてくれた」とし、パフォーマンスに満足感を示した。

同点ゴールを決めた21歳のルカ・クレメンツァについては、「このような試合では選手を褒めるべきであり、クレメンツァはゴールに値する活躍を見せた」と語っている。

またパリ・サンジェルマンに移籍したジャンルイジ・ブッフォンにも言及し、「ジジ(ブッフォン)は何年にもわたって世界一のゴールキーパーだった」と改めてその功績を称賛した。

「彼は驚異的なキャリアを過ごし、ライフスタイルの選択としてパリに移ることを決めた。幸運を祈っているよ」

Follow

Football Tribe Japan

on

©フットボール・トライブ株式会社

Curated by

NEWS Collect

NEWS Collect