停止車両の乗客8人搬送、大阪

京阪電鉄トラブル、暑さ原因か

©一般社団法人共同通信社

 30日午前7時55分ごろ、京阪電鉄萱島駅(大阪府寝屋川市)で、電車のパンタグラフが故障し、発車できなくなるトラブルがあった。同府門真市の門真市駅付近と大和田駅付近でそれぞれ緊急停止した車両の乗客計19人が体調不調を訴え、8人が緊急搬送された。守口市門真市消防組合によると、重症者はいない。

 京阪電鉄によると、停電で車内の冷房が停止しており、暑さが原因で体調不良になったとみられる。京阪本線、鴨東線、中之島線の上下線全線で運転を見合わせ、いったん午前9時に動きだしたが、故障した電車の回送中にまた停電が起き、午前9時35分ごろにもう一度運転を見合わせた。