台風12号 動きが遅く九州・四国で大雨続くおそれ

©株式会社ウェザーマップ

台風12号の位置(31日午前3時時点)と今後3日間の進路予想

 台風12号は午前3時現在、奄美大島の東北東の海上を東へ進んでいると見られる。台風12号は、やや発達しながら種子島・屋久島地方を反時計回りに進み、その後は東シナ海を西に進む見込み。台風の動きが遅いため、九州・四国では大雨の影響が長引く恐れがあり、土砂災害に警戒が必要となる。

31日(火)午前8時(上)と午後8時(下)の雨と風の予想

 台風12号は午前3時現在、奄美大島の東北東の海上を東へ進んでいると見られる。台風12号は、この後九州の南海上へゆっくり反時計回りに進み、あす8月1日の夜には東シナ海で次第に発達する見込みだ。西日本の太平洋側や奄美では雷を伴った非常に激しい雨の降る所があり、局地的には猛烈な雨の降るおそれがある。
 台風周辺の暖かく湿った空気が九州や四国の太平洋側を中心に流れ込み、台風の動きが遅いため、九州・四国では大雨の影響が長引く恐れがあり、土砂災害に警戒が必要となる。

雨に関する全般気象情報

大雨

 台風周辺の雨雲がかかる九州南部や四国では、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨となっている所がある。九州や四国の太平洋側を中心に8月1日にかけて、激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。

31日(火)午後6時の予想される波の高さ

強風・高波

 8月1日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州南部、奄美は30メートル。波の高さは、九州南部、奄美は5メートル九州北部、四国は4メートル。強風やうねりを伴った高波に注意が必要だ。