くまモン来年の年賀はがきに 世界女子ハンドとラグビーW杯PR

女子ハンドボール世界選手権をPRするくまモン年賀はがきの宛名面(熊本県提供)

 日本郵便は30日、2019年用の年賀はがきを発表した。全国のご当地キャラクターなどをあしらった寄付金付き絵入り年賀はがき(全19種類)では、くまモンを採用した。

 くまモン年賀はがきは、宛名面で同年に熊本で開かれる国際スポーツ大会をPR。女子ハンドボール世界選手権のユニホーム姿のくまモンとラグビーワールドカップ(W杯)のボールを持つくまモンのイラストを掲載した。裏面には獅子舞姿のくまモンのイラストを入れた。

 料金は1枚67円で郵便料金62円に社会福祉法人などに贈る寄付金5円を上乗せした。販売開始は11月1日で、九州7県の郵便局で販売する。

 このほか、20年の東京五輪・パラリンピックのマスコットをデザインした寄付金付きの年賀はがき3種類は、10月1日から先行販売する。(野方信助)

(2018年7月31日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから