来年の熊本城マラソン 初日エントリー2861人

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

 来年2月17日に開かれる「熊本城マラソン2019」の出場申し込み受け付けが30日、インターネットで始まった。初日は午後5時までに、フルマラソン、熊日30キロロードレース、復興チャレンジファンランの3種目に計2861人がエントリーした。

 内訳はフル2727人(定員1万3千人)、30キロ3人(150人)、約3キロのファンラン131人(1500人)。定員を超えた場合は抽選になる。

 3万円以上の寄付で抽選を免除するフルとファンランの「熊本応援チャリティランナー特別枠」は計366人。定員を前回より200人増やして計500人としている。事務局は「受け付け開始50分で300人を超え、出だしは好調」と話した。

 申し込み締め切りは9月14日午後5時。前回はフルに過去最高の2万6722人が応募、競争倍率は2・23倍だった。当落は10月上旬、メールで通知する。(猿渡将樹)

(2018年7月31日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by