8月は猛暑スタート 連続する暑さ 熱中症の危険高まる

©株式会社ウェザーマップ

31日は日本海側を中心に、北海道を含めて「高温注意情報」が発表されるなど広い範囲で気温が高くなった。猛烈な暑さは、あす8月1日(水)以降も続く予想で、この先も熱中症など健康管理に充分な注意が必要だ。
 
 31日午後3時までの最高気温は、鳥取市38.5℃、兵庫県豊岡市37.9℃、島根県大田市37.5℃、福島県会津若松市や島根県出雲市で37.3℃など。北海道でも気温が上がり、常呂郡佐呂間町36.4℃、北見市35.7℃など、猛暑日となった所があった。あす1日も東北南部、東・西日本の内陸を中心に気温が上がる予想で、引き続き熱中症など健康管理に充分な注意が必要となる。
 
【1日の予想最高気温】
 38℃  豊岡(兵庫)
 37℃  福島、若松(福島)、熊谷(埼玉)、さいたま、名古屋、京都、鳥取
 36℃  山形、前橋、甲府、岐阜、福井、大津、大阪、広島、松江、高松、山口など
 35℃  仙台、東京、長岡(新潟)、神戸、岡山、徳島、福岡、長崎、熊本など

東海、近畿中心に猛暑日続く

 

東・西日本は高気圧に覆われて、週末にかけても晴れる所が多く気温の高い状態が続く見込み。名古屋、岐阜、京都は4日(土)頃にかけて、最高気温が37℃前後まで上がる予想で、近辺ではさらに高温となる地点が現れる可能性がある。なお、東海から西の各地は、来週も猛烈な暑さが続くと予想されるため、農作物の管理や熱中症など健康管理に充分な注意が必要だ。
(気象予報士・高橋和也)