国が旧優生保護法の違憲性に見解示さず

©一般社団法人共同通信社

 旧優生保護法下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、宮城県の女性2人が国に損害賠償を求めた訴訟で、国は31日、旧法や手術の違憲性に関する見解を示さない準備書面を仙台地裁に提出した。