サンマの来遊、前年上回る見通し

水産庁、18年予想

 水産庁は31日、北海道から千葉県沖にかけての漁場に今年の漁期(8~12月)に来遊するサンマの量が前年を上回る見通しだと発表した。サイズが大きい1歳魚の割合も前年より高い見込み。

 日本のサンマ漁獲量は前年、ほぼ半世紀ぶりの低水準だったが、さらなる不漁は避けられそう。8~9月中旬の漁期序盤は前年並みと低調だが、9月下旬からの中盤以降は前年を上回るという。

 サンマの資源管理を巡っては、7月の国際会合で資源枯渇を懸念する日本が国・地域別の漁獲枠設定を前年に引き続き提案したが、中国などが反対して協議は決裂した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む