夏の宵闇彩る豪華山車27台/八戸三社大祭 前夜祭で華やかに開幕

前夜祭で開幕した八戸三社大祭。ライトアップされた全27台の山車が勢ぞろいし、夏の宵闇を鮮やかに彩った=31日午後7時ごろ、八戸市三日町の「はっち」から撮影

 青森県南地方最大の夏祭りで約300年の歴史と伝統のある八戸三社大祭が31日、前夜祭で幕を開けた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録2年目を迎え、名実ともに世界に誇る祭りへ進化。八戸市中心部では山車全27台がライトアップされ、夏の宵闇を幻想的に彩った。初日から大勢の市民や観光客が詰め掛け、「平成最後」となる今年の祭りも大いににぎわいそうだ。

 青森地方気象台によるとこの日、八戸は最高気温30・4度を観測した。蒸し暑さが残る中、市内各地から山車が中心街に続々と集結。午後6時ののろしを合図に前夜祭が開幕した。

 中心街と市庁前には、歌舞伎や神話などを題材とした山車が勢ぞろい。迫力満点の鬼、妖艶な人形、派手な仕掛け...。各山車組が技術を結集した力作に観客からは感嘆の声が上がった。

 "美の競演"とともに、各山車組のお囃子(はやし)合戦もヒートアップ。威勢の良い「ヤーレヤーレ」の掛け声も祭りを一層盛り上げた。

 八戸観光コンベンション協会によると、初日の入り込み数は約22万5千人で、昨年を約5千人上回った。

 祭りは4日までの5日間開催。市内は豪華絢爛(けんらん)な時代絵巻の舞台となる。

Follow

デーリー東北

on

©株式会社デーリー東北新聞社