被災者の奮闘を記録 「西原村」Denkikanで 2日と3日上映

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

 熊本地震の復興に奮闘する西原村の人々を記録したドキュメンタリー映画「西原村」が2、3日、熊本市中央区のDenkikanで上映される。

 映像ディレクター久保理茎[りけい]さん(51)=宮崎市=が制作。7月にあった村での上映会には、2日間で300人を超える来場者があった。

 熊本市以降、上映会の予定はないが、久保さんは「要望があれば可能な限り上映会を開き、多くの人に見てもらいたい」と呼び掛けている。

 前売り500円、当日700円。チケット代は全額、村へ寄付される。問い合わせは映画「西原村」プロジェクト、nishiharamuradocpro@gmail.com(丁将広)

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by