大手企業の夏ボーナス、過去最高

95万円、伸び率バブル超え

©一般社団法人共同通信社

夏の賞与・一時金の推移

 経団連が1日発表した大手企業の夏の賞与・一時金(ボーナス)の最終集計結果によると、組合員の平均妥結額は昨年夏に比べ8.62%増の95万3905円で、過去最高となった。これまでの最高は2007年の91万286円。伸び率は、バブル期の1990年(8.36%)を上回る水準となった。

 好業績の自動車や建設業を中心に増額の動きが目立った。経団連の担当者は「昨年より業績が好調な企業が増えたことが反映された。賃上げの勢いが強まっている」と評価した。

 製造業が6.09%増の94万4805円、非製造業は16.68%増の97万9027円だった。