豪華絢爛な山車27台練り歩く 八戸三社大祭「お通り」

3神社の厳かな神輿行列と山車全27台が合同運行した八戸三社大祭のお通り=1日、八戸市

 青森県南地方最大の夏祭り、八戸三社大祭は1日、メインの「お通り」を迎えた。神明宮、おがみ、長者山新羅の3神社の神輿行列と、山車全27台が八戸市中心部を合同運行。荘厳な行列や豪華絢爛(けんらん)な山車が市民や観光客を魅了し、祭りの盛り上がりは最高潮に達した。

 青森地方気象台によると、この日の八戸は最高気温32・7度を記録し、31日の前夜祭に続き、暑い一日となった。

 午後3時、のろしを合図に合同運行がスタート。古式ゆかしい行列や郷土芸能の神楽、虎舞などが練り歩き、街は一気に華やいだ。

 伝説や神話などをテーマにした迫力満点の山車も次々と登場。時折強い風が吹いたため、こだわりの仕掛けを展開できない場面もあったが、息の合ったお囃子(はやし)や引き子の掛け声で、見物客の目をくぎ付けにした。

 八戸観光コンベンション協会によると、この日の入り込み数は、昨年より約3万人少ない約18万人だった。

 デーリー東北新聞社はホームページ上で、お通りで運行した山車全27台の動画を公開している。ホームページアドレスは、http://www.daily-tohoku.co.jp/

Follow

デーリー東北

on

©株式会社デーリー東北新聞社