サッカーで世界へ挑戦 仲村翔夢君(志真志6年) 英キャンプに参加

©株式会社琉球新報社

 【宜野湾】イギリスの名門サッカーチーム「マンチェスターユナイテッド」の歴代選手が企画するサッカースクールキャンプ「アカデミー92」に、沖縄県宜野湾市立志真志小6年の仲村翔夢(とあ)君(12)が選ばれた。9月から始まるイギリスでの研修を前に7月27日、市役所に佐喜真淳市長を訪ねた仲村君は「将来は、スペインで活躍するようなサッカー選手になりたい」と力強く決意表明した。

 昨年から日本国内での募集が始まったサッカーの人材育成プログラム「アカデミー92」。マンチェスターユナイテッドで活躍していたライアン・ギグスやポール・スコールズなどイングランド代表を務めた経歴を持つ選手たちが、プロサッカー選手の人材育成を目的に開催している。プログラムでは元選手らからの技術指導や、イギリス現地のサッカークラブとの練習試合、プレミアリーグ観戦などを9日間かけて実施する。

 7月上旬に千葉と大阪、沖縄で選抜試験があり、約150人が受験したという。今年が初となった県内の選抜試験には約50人が参加し、仲村君を含め4人が選出された。

 仲村君の夢は「スペインでプレーできるサッカー選手」になること。大好きなネイマール選手の髪型を父・翔さん(35)にお願いして、整えてもらった。

 マンチェスターでのプラグラムに向け「プレミアリーグの試合が見られるので、マンチェスターの試合が見られたらいい」と胸を弾ませた。

 佐喜真市長は「あと8年もしたら、ワールドカップに出場して、スペインの有名チームで活躍してるかもしれないね」と仲村君の未来に期待を寄せた。