セコムの偽ステッカー販売

商標法違反疑いで男逮捕

警視庁が押収した偽ステッカーやプリンターなど=2日午前、警視庁原宿署

 警視庁原宿署は2日までに、警備大手「セコム」(本社東京)のロゴが印刷された偽のステッカーを販売したとして、商標法違反の疑いで京都市山科区、アルバイトの男(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月下旬ごろ、セコムが商標権を持つ「Security by SECOM」の文字が印刷されたステッカー1枚を、神奈川県の男性に1200円で販売した疑い。「法律違反とは考えなかった」と容疑を一部否認している。

 原宿署によると、服部容疑者は自宅でパソコンなどを用い、ステッカーを偽造。1~2月、ネットのオークションサイトで「防犯ステッカー」などと称し、約50枚を販売していたという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS