〈八戸三社大祭〉安全運行願い湯立祈祷

 八戸三社大祭の神輿(みこし)行列と山車の安全運行を祈念する「湯立祈祷(ゆだてきとう)」が1日、おがみ神社で行われ、関係者が期間中の無事を祈った=写真=。

 湯立祈祷は、出発式で行われる恒例の神事。観光客らが見守る中、午後1時半に始まり、同神社の坂本博史権禰宜(ごんねぎ)が神前の大釜で沸かした湯の中にお神酒とコメ、塩を投入。その後、ササの葉を束ねた「大麻(おおぬさ)」を湯に浸し、参列者に向かってゆっくりと振り、無病息災も祈念した。

Follow

デーリー東北

on

©株式会社デーリー東北新聞社