女子100m障害で小林が高校新

インターハイ第2日

©一般社団法人共同通信社

女子100メートル障害決勝 13秒34の高校新記録で優勝した市船橋・小林歩未(右)=三重交通Gスポーツの杜伊勢

 全国高校総体(インターハイ)第2日は2日、三重県伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢などで行われ、陸上で女子100メートル障害は小林歩未(千葉・市船橋)が向かい風0.3メートルの条件下、13秒34の高校新記録で優勝を飾った。2007年にマークされた従来の記録を0秒05更新した。

 400メートルの男子は森周志(北海道栄)が47秒14で2連覇し、女子は2年の高島咲季(神奈川・相洋)が53秒78で優勝。女子砲丸投げは大野史佳(埼玉・西武台)が14メートル55で昨年に続いて制した。