学生に五輪ボランティア参加要請

都知事、大学との懇談会で

©一般社団法人共同通信社

 東京都は2日、都の課題や政策について都内の大学の学長らと意見交換する定例懇談会の初会合を開いた。小池百合子知事は大学側に対し、2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア活動に学生が参加するよう要請した。

 会合には国公私立19大学の学長らが出席。会議の冒頭、小池氏は「(20年大会の)機運の盛り上げ、その先のレガシー(遺産)づくりにもご協力いただければ」とあいさつした。

 小池氏は会合終了後、「ボランティアは大学生に参加してもらうことを期待している」と述べた。大学側からは取り組みの紹介があったといい「前向きな意見で、後押しを頂いた」と強調した。

トピック東京五輪

Follow us!

共同通信

こんなニュースも

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む