熱~い恋路、心も揺れる くま川鉄道で「縁結び列車」初運行

 くま川鉄道(人吉市)が7月28日夜、男女に出会いの場を提供する「縁結び列車」を初めて運行した。人吉球磨地域の20~30代の独身男女計約20人が、列車に揺られながら会話を楽しんだ。

 同社がこれまで運行した結婚披露宴列車が好評だったことから、出会いの場としても鉄道を活用しようと企画。人吉温泉-湯前駅間を貸し切り車両で約2時間かけて往復した。

 参加者はビールを片手に自己紹介し、「県外から引っ越してきたばかり。人吉球磨のことを教えてほしい」「一緒に食べ歩きをしてくれる人を希望します」などとアピール。折り返しの湯前駅では、駅周辺を散策した。

 球磨郡の30代の会社員男性は「これまで参加したパーティーに比べて、列車の中だと親しく話せた。車窓もきれいですね」と話した。(鹿本成人)

(2018年8月3日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから