『GQ』が査定!「イングランド2部のイケてるユニフォームランキング」

©株式会社コリー

欧州主要リーグでは今月から新シーズンが開幕する。そんななか、イングランド2部では早くも新たな戦いがスタートした!

ここでは、『British GQ』による「2018-19シーズン、英2部のユニフォームランキング」を見てみよう。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

24位 ロザラム・ユナイテッド

23位 ボルトン

22位 ウィガン

21位 プレストン

20位 ミルウォール

19位 ブリストル

18位 レディング

17位 ノッティンガム・フォレスト

16位 スウォンジー

15位 ストーク

14位 イプスウィッチ

13位 シェフィールド・ウェンズデイ

12位 QPR

11位 WBA

10位 ブレントフォード

9位 ミドルズブラ

8位 ハル・シティ

7位 リーズ

6位 ノリッジ

5位 ブラックバーン

4位 シェフィールド・ユナイテッド

3位 バーミンガム

2位 ダービー・カウンティ

1位 アストン・ヴィラ

井手口陽介らを保有するリーズは7位。フランク・ランパードが監督のダービーが2位。

そして、1位はヴィラ!

『British GQ』

「(アストン・ヴィラは)ピッチ外の問題があるかもしれないが、ファッション面では絶好調だ。

今季のキットサプライヤーである『Luke 1977』の創設者は、ヴィラファンであるルーク・ローパー氏。

彼は『Fanatics』とコラボレーションして、2018-19シーズンをストライプ柄にデザインした。

すると、ユニフォームの売り上げは昨季と比べて7倍に爆増!脱帽だ」

昨季までは『Under Armour』と契約していたヴィラ。

今季は地元バーミンガムを拠点とするメンズブランド『LUKE 1977』と、アメリカの小売大手『Fanatics』がコラボしてユニフォームを作成。その売り上げは好調のようだ。