〈八戸三社大祭〉入り込み数、過去最多の104万人 ユネスコ登録効果続く

盛況のうちに幕を閉じた八戸三社大祭。大勢の市民や観光客が訪れ、注目度の高まりを感じさせた=3日、八戸市

 八戸三社大祭は今年も盛況のうちに幕を閉じた。今年は4日の後夜祭を除き全て平日開催となったが、5日間(7月31日~8月4日)で計104万人が来場。後夜祭がスタートした2003年以降で入り込み数が最多だった、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産「登録元年」の昨年(7月31日~8月4日、102万人)を2万人も上回った。1日の「お通り」では、強風のため、見どころの一つである山車の仕掛けが一部で展開されず、沿道は残念がる声も。国内で祭りの注目度が高まっているだけに、安全な運行と見物客のもてなしの在り方について、来年までに改めて考える必要がありそうだ。

 "ユネスコ効果"は今年も健在だった。期間中は連日、会場の市中心街は大勢の市民や観光客で大いににぎわった。市内各地では、外国人観光客の姿も多く見られた。

 1日におがみ神社で開かれた出発式、2日に長者山新羅神社で行われた加賀美流騎馬打毬にも、多くの見物客が詰め掛けた。山車の合同運行以外への関心も高まっている証しと言えそうだ。

 強い風に見舞われた1日の合同運行では、八戸三社大祭運営委員会が、安全面を考慮した上で仕掛けを展開するかを山車組に一任。展開した山車組も多かったが、結果としてばらつきが出る形となった。

 ある山車組関係者は「状況を見ながら仕掛けを披露したが、壊れることへの不安もあった。(展開するかどうかについて、意思を)統一することも必要なのでは」と指摘する。

 さらに、事情を知らない観客からは、どこか置いてけぼりにされたような空気も出ていた。今後は、会場内の放送で状況を説明し、理解を促すなどの工夫も求められる。

 暑さ対策も大きな課題。入り込み数を見ると、八戸が最高気温32・7度を観測した1日のみ、前年を下回った。運営委も、参加者に水分補給の徹底を呼び掛け続けた。塚原隆市会長は「参加者の体調が心配。時間をずらすのも一つの方法だ」との考えを語る。

 市中心街では1~3日の3日間、今年から新たに導入された道案内ボランティアスタッフが活躍した。20年夏の東京五輪・パラリンピックの影響で、同時期に開催する祭りに警察官らを十分確保できない事態を想定し、自主警備を厚くしようという試みだ。

 一方、運営委は15人ほどの参加を見込んでいたが、実際に応募があったのはわずか4人。2年後を視野に、活動をより周知し、スタッフを増やす体制の構築が求められる。

 全27山車組が所属する「はちのへ山車振興会」は50周年の節目を迎えた。祭り開幕直前に、八戸地域地場産業振興センター(ユートリー)で展示が始まった山車は、各組から集まった制作者たちが手掛けた。

 組の枠を越えて一つの山車を作り上げたことはこれまで無く、互いに"門外不出"としてきた技術を共有するなど、今までにない形の交流も出てきた。

 結果として技術向上にもつながり、今年の山車は全体的に例年以上の出来に。同振興会の小笠原修会長は「世代交代も進み、若手が自信を持って制作している。今後も新たな挑戦を続けてほしい」と期待を込める。

Follow

デーリー東北

on

©株式会社デーリー東北新聞社