ホークス柳田が黒木瞳と共演 「インクレディブル・ファミリー」で声優挑戦

©株式会社Creative2

「インクレディブル・ファミリー」の会見で黒木瞳さんと共演したソフトバンク・柳田(左)【写真:藤浦一都】

一言に50テイクも「野球の方がムズいです」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が5日、映画「インクレディブル・ファミリー」の会見で福岡出身の女優・黒木瞳さんと共演した。

 1日から全国で公開中のディズニー/ピクサーの最新作「インクレディブル・ファミリー」は、パ・リーグとタッグを組み6球団のヒーロー選手が一言声優に挑戦している。ソフトバンクからは柳田悠岐が運転手役に挑戦。

 ヤフオクドームでゴム人間ママ役の黒木さんと会見に出席した柳田は、声優に挑戦した場面を振り返り、わずか一言ながら「50回以上録りました」と笑った。黒木さんからは「とても上手だなと思いましたよ」と褒められたが「実際に自分がやった場面を見ましたが『50回のうち、もっといいのあったやろ』と思いました」とギータ節を炸裂させた。

 また「野球とどっちが難しかったですか?」と問われると「一言だけなら野球の方がムズいですね」と断言した。「インクレディブル・ファミリー」では、他に中田翔(日本ハム)、高梨雄平(楽天)、山川穂高(西武)、鈴木大地(ロッテ)、安達了一(オリックス)が声優に挑戦している。どの場面にヒーローたちの“一言”が飛び出すのかも楽しみたい。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)