遭難疑いも「全員無事」

鳥海山登山の13人

©一般社団法人共同通信社

 5日午後5時40分ごろ、山形、秋田両県にまたがる鳥海山(2236メートル)で、4日入山した宮城県からのツアー客の男女13人が遭難したと山形県警に110番があった。同県警によると、その後、「全員無事で下山途中だ」と連絡があった。

 鳥海山に登ったのは計14人。そのうち1人の仙台市泉区の男性(62)が5日下山し、近くにいた登山客に通報を依頼した。14人は秋田県の登山口から山に入り、5日午後2時に山形県酒田市側に下山する予定だった。

 酒田市では5日午後1時40分までの1時間に112.5ミリの猛烈な雨が観測された。