ホテル火災350人避難、和歌山

14時間後に鎮火、けがなし

和歌山県那智勝浦町のホテル火災現場

 5日午後6時55分ごろ、和歌山県那智勝浦町湯川1108のホテル「南紀勝浦温泉 湯快リゾートプレミアム 越之湯」で出火したと従業員から119番があった。レストランやフロントがある建物と、貸し切り風呂や客室がある施設北側の離れがほぼ全焼し、県警などによると、宿泊客約320人を含む約350人が避難。約14時間後の6日午前8時半ごろに鎮火した。

 20代の女性客1人が体調不良を訴え搬送されたが、けが人はいなかった。

 湯快リゾートのホームページによると、ホテルは1日にリニューアルしており、ほぼ満室だった。

和歌山県那智勝浦町のホテル火災現場で行われた消火活動=5日夜

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る