東日本中心に厳しい暑さ

山形は記録的大雨

©一般社団法人共同通信社

 日本列島は6日も東日本を中心に気温が上がり、名古屋市と三重県桑名市では午前中から気温35度以上の猛暑日となった。気象庁は各地に「高温注意情報」を発表し、熱中症対策を呼び掛けた。一方、停滞する前線の影響で、東北は山形県を中心に記録的な大雨となった。土砂災害や洪水の危険性が高まっている。

 気象庁によると、6日朝までの最高気温は名古屋市と桑名市で35.2度、岐阜市34.8度、和歌山県新宮市33.9度など。

 東北の雨は5日昼ごろから降り続いた。24時間雨量は山形県金山町で312.5ミリと、平年の8月1カ月分を超え、この地点での過去最大となった。