サーフィン五十嵐が全米OP連覇

年間ランク3位に

©一般社団法人共同通信社

サーフィンの全米オープン準決勝で技を繰り出す五十嵐カノア=ハンティントンビーチ(ゲッティ=共同)

 【ハンティントンビーチ(米カリフォルニア州)共同】2020年東京五輪で新採用されるサーフィンに日本代表での出場を目指す20歳の五十嵐カノア(木下グループ)は5日、カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われた全米オープンの決勝で米国選手を破り、2連覇を達成した。

 プロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の予選シリーズ(QS)最高ランクの大会。五十嵐は今季2勝目で、年間ランキング20位から3位に大きく順位を上げた。

 決勝では4本目の波で空中を横回転するエアリアルを決めるなど10点満点で8.17点をマークし、合計15.77点で15点・00点の相手を退けた。