【高校野球】春夏通じて甲子園初出場の沖学園が初勝利! 2回戦で大阪桐蔭と対戦

©株式会社Creative2

沖学園が甲子園初勝利

先行すると、先発の斉藤が2失点完投

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は6日、大会2日目が行われた。第3試合では春夏通じて甲子園初出場となった沖学園(南福岡)が、北照(南北海道)を4-2で下し、初出場で初勝利を飾った。

 沖学園は3回、斉藤礼が二塁打で出塁すると、平川夏毅、三浦慧太の死球で満塁とし、吉村脩希が左翼への適時打を放って1点を先制。5回には市川颯斗の適時三塁打、三浦の適時打で2点を加えた。

 その裏に2点を返されて1点差とされた沖学園だったが、7回に相手の失策で1点を加えた。先発の斉藤は北照打線に10安打を浴びたが、要所を締め、失点は5回に失った2点だけ。奪った三振は2つだったが、打たせて取る投球で北照打線を抑えた。

 勝った沖学園は2回戦で、第2試合で作新学院に勝った春夏連覇を目指す大阪桐蔭と対戦することになった。(Full-Count編集部)