強制不妊訴訟初弁論、国争う姿勢

原告「人を人と思わない」

©一般社団法人共同通信社

旧優生保護法下での強制不妊手術を巡る訴訟の第1回口頭弁論のため、東京地裁に向かう原告団=6日午後、東京・霞が関

 旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強制された東京都の男性(75)が、憲法の保障する自己決定権を侵害され、救済措置も受けられなかったとして、国に3千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が6日、東京地裁(手嶋あさみ裁判長)で開かれ、国側は請求棄却を求めた。具体的な主張は「追って明らかにする」とした。

 原告の男性は意見陳述で「個人の意思に反して生殖機能を奪う人を人とも思わない法律が、いかに人々を傷つけてきたのか理解してもらいたい」と訴えた。