首里、2年ぶり優勝 東海総体なぎなた団体試合

 【東海総体取材班】全国高校総合体育大会「2018彩る感動 東海総体」のなぎなた競技が7日、三重県の津市久居体育館であり、団体試合決勝で首里が大分西を破り2年ぶり2度目の優勝に輝いた。東海総体での県勢の優勝は初。

 

全国制覇を果たし、優勝杯を受け取る首里高の安次嶺心選手(中央)=7日、三重県・津市久居体育館

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄タイムス+プラス

パソコン・スマホ・タブレットで、いつでもどこでも紙面が読める。アプリでサクサク。朝5時配信。まずは無料登録。

詳細はこちら