「暴力団にみかじめ料払った店側も罰」へ意見募集 兵庫県警

兵庫県警察本部=神戸市中央区下山手通5

 暴力団組員が飲食店などから集めるあいさつ(みかじめ)料について、兵庫県警は、支払わせた組員だけでなく、支払った店側も罰する条項を盛り込んだ県暴力団排除条例改正案に対するパブリックコメント(意見募集)を実施している。意見を踏まえ、9月の県議会定例会に改正案を提案する方針。

 改正案では、神戸・三宮▽神戸・福原▽尼崎・神田新道▽姫路・魚町の計4地区の歓楽街を「暴力団排除特別強化地域」に指定。地区内でみかじめ料や用心棒代の授受が確認されれば、暴力団側と店側の双方に1年以下の懲役または50万円以下の罰則を科す。

 改正案は、県警のホームページや各地の県民情報センター、警察署で公開。意見は、県警本部の暴力団排除対策室へ持参か郵送、ファクス、メールで受けつける。いずれも26日必着。電話での意見は不可。県警暴力団排除対策室ファクス078・341・5351、メールboutai@police.pref.hyogo.lg.jp

Follow

神戸新聞

on

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい