北朝鮮ミサイル発射場の解体進展

米サイト分析、復旧可能

©一般社団法人共同通信社

3日に撮影された北朝鮮・東倉里の「西海衛星発射場」の衛星写真。(1)解体作業が進むエンジン実験施設(2)一部解体された燃料貯蔵施設(3)解体された実験施設の鉄鋼部品(プレアデス(C)CNES 2018、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)

 【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は7日、北朝鮮北西部東倉里の「西海衛星発射場」の解体作業が進展しているとの商業衛星写真に基づく分析を発表した。ただ、主要施設の復旧は可能とみられ、非核化に向けた具体的行動の「最初の一歩」と断言できるかは慎重に見極める必要があるとの見方を示した。

 38ノースによると、発射台の外壁の大半が取り除かれたほか、ミサイル実験施設の構造物の解体が進んでいる様子が確認された。しかし、実験施設の土台が温存されていることなどから、施設改良の準備をしている可能性も否定できないとしている。