植木の果実5種「フルーツサイダー」人気 美肌効果…温泉旅館で販売

植木産のフルーツ5種類が入った「植木フルーツサイダー」
「植木フルーツサイダー」をPRする、ややの湯女将の中村貴子さん=熊本市北区

 植木温泉女将[おかみ]の会(熊本市北区植木町)に加入する3旅館が売り出した「植木フルーツサイダー」が人気を集めている。同町には小野小町が産湯をつかったとされる小野泉水公園もあることから、「温泉と飲み物で小野小町のように美しくなって」とPRする。

 甘さを抑えたサイダーに、角切りにして凍らせた植木産のスイカやイチゴ、ブルーベリー、ブドウ、マンゴーの5種を加えたもので1杯500円。平山、ややの湯、桐乃湯の3旅館で販売している。7月1日の販売開始から1カ月で236杯売れた。

 温泉や果実、小野小町など、植木ゆかりの「美」をテーマにした市の観光プロモーション「ウエキ・ビューティー・プロジェクト」の第1弾。同温泉観光旅館組合によると、植木温泉の水素イオン指数(pH)は8・0程度のアルカリ性で、フルーツに含まれるビタミンと同様に美肌効果が高いという。

 ややの湯女将の中村貴子さん(44)は「暑い夏にはぴったり。想像以上の反響です」と喜んでいた。(小山智史)

(2018年8月8日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから