不妊手術増、54年にも国が要請

©一般社団法人共同通信社

 旧優生保護法下の障害者への不妊手術に関し、旧厚生省が1954年、手術件数が計画を下回っているとして推進を求める通知を都道府県宛てに出していたことが8日、千葉県開示の資料で分かった。57年4月にも同様の通知を出していたことが既に判明している。