東京五輪「混雑マップ」作成へ

緩和対策、日ごとの混み具合示す

©一般社団法人共同通信社

小池百合子東京都知事(中央左)らが出席し、開かれた2020交通需要マネジメント推進プロジェクトの発足式=8日午後、東京都庁

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会中に懸念される交通混雑の緩和に向け、取り組みを進める「2020交通需要マネジメント(TDM)推進プロジェクト」の発足式が8日、東京都庁で開かれた。今後企業に参加を募る他、今年秋に大会期間中の交通状況を示す「混雑マップ」を作ることを確認した。

 都によると、マップは7月に公表された競技日程の大枠を踏まえ、日ごとの道路や駅などの混み具合を示す。担当者は「競技会場ごとの観客数など、より詳細な情報が出てきたら更新していきたい」としている。