卓球、男子単で戸上が初優勝

高校総体、女子単は野村が制す

男子シングルス決勝 愛工大名電・田中佑汰を破り優勝した野田学園・戸上隼輔=豊田市総合体育館 

 全国高校総体(インターハイ)第8日は8日、愛知県の豊田市総合体育館などで行われ、卓球のシングルスは男子決勝で2年の戸上隼輔(山口・野田学園)が田中佑汰(愛知・愛工大名電)を3―1で下し、初の頂点に立った。女子決勝は野村萌(愛知みずほ大瑞穂)が塩見真希(大阪・四天王寺)を3―0で破って初優勝した。

 柔道男子団体は、昨年優勝の桐蔭学園(神奈川)や国士舘(東京)、天理(奈良)などが8強入り。テニスのシングルスは男子で白石光(千葉・秀明大秀明八千代)、女子で阿部宏美(愛知啓成)が優勝した。

女子シングルス決勝 四天王寺・塩見真希を破りガッツポーズする愛知みずほ大瑞穂・野村萌=豊田市総合体育館

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS