ガザからロケット弾70発超

イスラエル軍が報復空爆

©一般社団法人共同通信社

 【エルサレム共同】イスラエル軍によると8日夜、パレスチナ自治区ガザからイスラエルに向け70発以上のロケット弾や迫撃砲弾が発射された。イスラエル軍は報復としてガザを実効支配するイスラム組織ハマスの関連施設12カ所を空爆した。イスラエルのメディアやガザの保健当局によると、イスラエル側で9人が負傷、ガザで妊婦とその子供(1)を含む3人が死亡した。

 イスラエルとハマスの間では5月下旬以降、断続的に攻撃の応酬が発生。エジプトや国連が情勢沈静化に向けて仲介を続けている。イスラエルのリーベルマン国防相は8日夜、商都テルアビブで軍高官と対応策を協議した。