美容液と梨入りヨーグルト、優良新商品の金賞受賞 県物産振興協会選定

民工芸・日用品部門の金賞に選ばれた「おおが温泉涌水美人潤沢美容液」
食品部門の金賞に選ばれた「熊本育ち 吉野梨&ヨーグルト」

 県物産振興協会は、2018年度優良新商品の審査で、最高賞の金賞に、おおがスイミングスクール(人吉市)の「おおが温泉涌水美人潤沢美容液」=民工芸・日用品部門=と県酪農業協同組合連合会(熊本市)の「熊本育ち 吉野梨&ヨーグルト」=食品部門=を選んだ。8日、熊本市の鶴屋百貨店で表彰式があった。

 優れた商品の開発促進と県産品振興を目的に毎年開いており、25回目。民工芸・日用品13点、食品29点の応募があり、大学教授やホテルの総料理長ら8人が味や機能、パッケージのデザインなどを審査した。

 美容液は、人吉温泉の温泉水に馬プラセンタを加え、保湿力を高めた。50グラム入りで7020円。「国内だけでなく、海外でも販売していきたい」と大賀洋子社長(73)。

 ヨーグルトは、阿蘇産生乳と八代産の吉野ナシを使用。120グラム入り140円。県酪連の山内晃・製品開発部長代理(58)は「滑らかなヨーグルトとナシのシャキッとした食感を楽しんでほしい」と話した。

 金賞のほか、優良商品賞6点、奨励賞3点を選出。受賞商品は14日まで鶴屋百貨店で販売する。(山本文子)

(2018年8月9日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから