慰安婦問題研究所を開所へ、韓国

ソウルで10日

韓国の鄭鉉栢女性家族相

 【ソウル共同】韓国女性家族省は9日、慰安婦問題に関する研究を担う「日本軍『慰安婦』問題研究所」の開所式を10日午後にソウルで実施すると発表した。鄭鉉栢女性家族相が出席する。

 各種の研究事業を支援するほか、国内外の関連資料の体系的収集、翻訳やデータベース化を行うとしている。保存価値があると判断された資料を「国家記録物」に指定する作業にも携わる。

 鄭女性家族相は声明で、研究所が「今後、世界の戦時下における女性の人権に関する研究の中心的役割を果たすことを期待する」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS