在米日本人芸術家が「平和」発信

日本の国連大使公邸で、最終回

日本の国連大使公邸で、ギターを演奏する大竹史朗さん(手前左)とダンスを披露する折原美樹さん(同右)=8日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】日本の国連代表部が主催し「平和」をテーマに在米の日本人芸術家のパフォーマンスを紹介する企画が8日、ニューヨークの日本の国連大使公邸で開かれた。日本が安全保障理事会の非常任理事国だった昨年に始めた企画で、8回目の今回が最終回。

 ギタリスト大竹史朗さん=ニューヨーク在住=が国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使のミュージシャンMIYAVIさんの曲などを演奏し、現代舞踏家折原美樹さん=同=が曲に合わせたダンスを披露すると、集まった外交官ら数十人から大きな拍手が起きた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る