巨人ドラ6位・若林が15打席目でプロ初安打 父は大洋戦士の若林憲一氏

©株式会社Creative2

巨人のドラ6ルーキー若林晃弘がプロ初ヒットを記録!

両打ち24歳がプロ14打席目で秋山から初の快音

■巨人 – 阪神(9日・東京ドーム)

 巨人のドラフト6位、若林晃弘内野手が9日の阪神戦(東京ドーム)でプロ初安打をマークした。

「7番・遊撃」で先発出場した。待望の当たりは1点リードの4回1死。秋山のカットボールを引っ張り、右前へ打ち返した。プロ15打席目で初安打となった。

 大洋で77年から81年までプレーした若林憲一氏を父に持つ。桐蔭学園高、法大、JX-ENEOSを経て17年ドラフト6位で巨人入りした。チームでは大黒柱で正遊撃手の坂本勇人が離脱中。キャプテン離脱の穴を埋める活躍に期待がかかる。(Full-Count編集部)