ヴィヴィくんが大瀬戸町にお目見え!!

 サッカーJ1、V・ファーレン長崎のマスコット「ヴィヴィくん」の人形が、国道に面した長崎県西海市大瀬戸町の民家敷地にお目見えし、ドライバーらの目を引いている。
 人形作りを趣味にしている自営業、山道義行さん(53)宅。自宅敷地には同市のマスコット「ゆで☆(ぼし)大ちゃん」などが並んでいる。今回、V長崎を盛り上げようと「ヴィヴィくん」を自作し、仲間に加えた。
 発泡スチロールの廃材を包丁で削り、ペンキで着色、10日ほどで仕上げたという。デザインもひとひねりし、シュートをセーブするキーパーの姿に。全長約1メートルの大きさは国道からも目につき、山道さんは「一戦一戦、勝利をつかみ、J1残留を」とエール。

国道202号沿いにお目見えした発砲スチロール製のヴィヴィくん人形=西海市大瀬戸町

©株式会社長崎新聞社

魔法の美術館

見て、触れて、遊ぶ、 新感覚の体験型ミュージアム。2018.7.21~9.2まで、長崎県美術館にて開催!

魔法の美術館ページへ

Curated by

長崎新聞

長崎新聞