「テクニクス」販売好調 レコード復権でプレーヤー人気

丁寧に組み立てられる「テクニクス」のレコードプレーヤー=宇都宮市

 アナログの温かな音が見直され、昨年度の国内レコード生産量が16年ぶりに100万枚を突破した。パナソニック・アプライアンス社の高級音響機器ブランド「テクニクス」販売も計画の倍以上で推移しているという。アンプやレコードプレーヤーで受注生産の最上位機種を製造する宇都宮市平出工業団地のテレビ事業部「モノづくり革新センター」にも注文が相次ぐ。

 テクニクスの生産は2010年、一度中止された。しかし世界のファンの要望に応え、15年にブランドを復活させた。16年には、ダイレクトドライブ方式のレコードプレーヤー「SL-1200」の新シリーズ生産にも乗り出した。

 ただテクニクス生産の約4年にわたる空白は技術、ノウハウ伝承の大きな壁になった。同センターの製造担当者らは本社で徹底的に指導を受けたが、阪東弘三(ばんどうこうぞう)所長は「(レコード針が付く)トーンアームの動きをいかに滑らかにするか苦労した」と振り返る。

 同センターは世界に展開するテレビと音響機器の工場を統括するマザー工場。技能を身に付ける「モノづくり道場」を構え、効率的で正確な技能習得カリキュラムがある。テクニクスの製造には、ここで判定された最高技能レベルの従業員「匠」が従事する。

 小松徳久(こまつとくひさ)グローバル工場管理課長は「ビスの締め具合、左右対称に付ける配線など微妙なところで音に影響する」と説明する。

 テクニクスブランドは3ランクに分かれる。同センターは世界からの受注生産品「リファレンス」クラスのアンプ(希望小売価格158万円)、レコードプレーヤー(トーンアーム付き同160万円)などを製造する。

 16年6月発売のテクニクス50周年記念モデルのレコードプレーヤーは(同33万円、国内限定300台)は30分で予約完売した。広報部の担当者は「テクニクス全体の販売は2017年度は前年比で2桁成長。18年度上期だけでも計画の倍以上になり、大きな反響を感じている」と話す。

 テクニクスの音響技術を生かしたテレビ新製品も同センターで生産され、今年6月から販売されている。

パナソニックの宇都宮で製造される「テクニクス」のレコードプレーヤー「SL-1000R」

©株式会社下野新聞社

スマホで丸ごと下野新聞電子版

 地域情報満載の下野新聞を、スマートフォン・タブ レットでいつでもどこででも

登録受付中!!