群馬県の防災ヘリ墜落、2人死亡

残る7人の容体・安否不明

群馬県の防災ヘリコプター「はるな」とみられる残骸が発見された山中の現場=10日午後3時5分、群馬、長野県境(共同通信社ヘリから)

 10日午前10時すぎ、9人が乗った群馬県の防災ヘリコプター「はるな」(天海紀幸機長)が飛行中に消息を絶った。捜索していた航空自衛隊ヘリが午後2時45分ごろ、同県中之条町の山中に墜落しているのを発見した。県によると、搭乗者は防災航空隊員4人と吾妻広域消防本部の5人。空自は、機体の残骸の周辺で乗員とみられる8人を見つけた。うち2人が病院に運ばれ、県が死亡を確認した。未搬送の6人の容体は不明。残る1人は見つかっていない。

 飛行計画では尾根伝いに往復して戻る予定で、現場近くでは低空飛行する様子が目撃されていた。運輸安全委員会は航空事故調査官3人を派遣した。

群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落し、記者会見する県幹部=10日午後、群馬県庁

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む