トロント、アマゾン誘致に期待

第2本社、米以外で唯一候補地

アマゾン第2本社の候補地となったカナダ・トロントの街並み=5月(共同)

 米インターネット通販大手アマゾン・コムが建設する「第2本社」の20候補地に米国以外で唯一残ったカナダ最大都市トロントで、誘致実現への期待が高まっている。トランプ米政権の移民規制強化とは対照的に、カナダは外国人労働者の受け入れに積極的で、ITに強い大学や研究所の存在も追い風とされる。

 米西部シアトルに本社があるアマゾンは第2本社に50億ドル(約5500億円)超を投じ、最大5万人を雇用。北米とメキシコの計238の都市が名乗りを上げたが、アマゾンは1月にトロントのほか米首都ワシントン、ワシントン近郊のメリーランド州モンゴメリー郡、東部ニューアークなどに絞った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る