米アカデミー人気映画部門創設へ

授賞式の視聴率低下が背景か

米アカデミー賞の「オスカー像」=2017年2月、米ビバリーヒルズ(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米アカデミー賞を主催する映画界の最高団体、映画芸術科学アカデミーは9日までに、既存の一連の賞に加えて興行成績や話題性などが高い作品を対象とした「人気映画」部門を新設すると発表した。米メディアによると、背景には授賞式の視聴率低下があるとみられる。

 監督、俳優など約8千人のメンバーにはメールで一方的に通知された。だが、対象作品や細かい基準などは不明で「人気投票にするのか」「アカデミー賞の質を落とす」と強い反発が広がっている。俳優のロブ・ロウさんは「最悪のアイデアだ。映画業界は死んだ」(米メディア)と激しく非難。今後も議論は続きそうだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む