台風14号、沖縄本島に接近

高波や強風に注意

台風14号の予想進路(10日18時現在)

 台風14号は10日、南大東島の南の太平洋にあり、やや発達しながら11日朝にかけて大東島地方、同日午後にかけて沖縄本島地方に近づく見通し。気象庁はうねりを伴った高波や強風に注意を呼び掛けている。

 11日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄20メートル(30メートル)、奄美17メートル(30メートル)、波の高さは沖縄、奄美5メートル。

 気象庁によると、11日午前0時現在、台風は南大東島の南約260キロの海上を時速約15キロで北北西に進んだ。中心気圧は994ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る