慰安婦問題研究所が開所、ソウル

日韓合意批判の教授が所長に

©一般社団法人共同通信社

「日本軍『慰安婦』問題研究所」の開所式で記者団の質問に答える金昌禄所長。右は鄭鉉栢女性家族相=10日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】慰安婦問題を研究する韓国政府の「日本軍『慰安婦』問題研究所」の開所式が10日、ソウルで開かれた。所長には2015年の慰安婦問題を巡る日韓合意に批判的な慶北大の金昌禄教授が就任。日本政府は外交ルートを通じ、合意の理念に反することがないよう韓国側に求めた。

 金氏は開所式で、研究所と日韓合意は無関係だと強調。「日本の慰安婦問題は普遍的な女性の人権と平和の問題で、研究はどの国であってもしなければならない。代表的な被害国の一つである韓国が行うのは当然のことだ」と主張した。