高校総体柔道、百キロ超で斉藤V

90キロ級は村尾が2連覇

男子100キロ超級決勝 崇徳・松岡大輝(右)を破り優勝した国士舘・斉藤立=津市産業SC

 全国高校総体(インターハイ)第10日は10日、津市産業SCなどで行われ、柔道男子は個人4階級を実施し、100キロ超級で五輪王者の故斉藤仁氏の次男斉藤立(東京・国士舘)が優勝した。

 90キロ級は村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園)が2連覇を達成。81キロ級は板東虎之輔(千葉・木更津総合)、100キロ級は皆川大記(千葉経大付)が制した。女子は団体の2回戦までを実施した。

 ソフトボール男子は2回戦が終了。剣道は競技が始まった。

男子90キロ級決勝 東海大甲府・長嶋勇斗(右)を破り優勝した桐蔭学園・村尾三四郎=津市産業SC

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る